女性にモテる服装で、大事なのは自分を把握するコレだ!

評判の良い、女子ウケコーデをみてみる

 

 

女性にモテる服装で、大事なのは自分を把握するコレだ!

 

街を歩いていると、思わず二度見してしまうようなダサいファッションの男性を見かけます。季節感がない、柄に柄、メンテナンスが行き届いてない、清潔感が無い、なんてのは論外で、容姿と服の年齢が合っていない人が結構います。女性にモテる服装とは全然遠くて残念なファッションで損をしていますよ。

 

ペラッペラの生地の服。

黒地に銀色の文字やクロスの模様が入ったシャツ。ビニール素材のバッグ。
全て安っぽいです。これが許されるのは10代までです。

 

逆におじさん過ぎる人もいます。まるで作業員のようなジャケットにポロシャツ、またはトレーナーなんて人。
チノパンもよく見ます。それはいいんですけど、サイズが合ってなくてダボダボしてると一気に見た目年齢が上がります。定番アイテムのジレを着ていてもダサいひとがいます。下手にモコモコしてて、まるでキコリのようになっていたり。なんだか勿体ないと思ってしまいます。

 

友達と話してて女子受けがいいなと感じるのは定番ニットにシャツの組み合わせで、
その組み合わせを着ていても凄く残念な人がいるんですよね。

 

たとえばニット。
ケーブル編みニットを着るとガッチリ苦しそうに見える人と痩せをカバー出来る人がいますよね。
薄手のカーデニットを着るとみすぼらしくなってしまう人と、すっきりとした印象になる人。
シャツの色でも、パステルで爽やかになるか痛々しくなるか、黒で重苦しくなるか落ち着きのある印象になるか。
それを分からずに自ら魅力を削って着ている人がいます。

 

女性にモテる服装コーデは先程のニットにシャツ、またはジャケットにシャツの定番が好きなんですが、
どんなコーデでも、統一感があってその人の雰囲気に似合っているだけで、とても魅力を感じます。

 

女性にモテる服装って大事なのは自分の体形と、似合う色形や素材感を把握する事なんです
モデルの服を真似るにしても、自分に似合うよう微妙に変えてアイテムチョイスすれば女子ウケするファッションコーデとして失敗は少なくなると思いますので素敵な30代を目指してほしいです。

 

メンズスタイルの人気コーディネートをみてみる